行政書士の業務範囲とは

行政書士とは、年一回の試験が実施される国家資格者で、その名の通り、行政手続きのプロです。行政書士になるには、試験にパスする他、公務員として一定以上の期間勤務すると有資格者となります。また、司法書士や弁護士といった上位資格への登竜門として、その門戸を叩く人も少なくありません。その業務内容は、行政手続きにおいて何かと煩わしい書類上の手続きを代行することを主な業務としています。免許センター近くで書類作成の代行を請け負うことをPRする人がいますが、それなどは典型例と言えるでしょう。数年前には行政書士が主人公のマンガがドラマ化されるなど、一般的な認知度は高まっています。登記や弁護などの法律行為はできませんが、行政手続きは一般人にはわかりにくいことも多いので、相談してみるとよいでしょう。

どのくらいの回数からムダ毛が目立たなくなりますか?

デザートが出てくるサロンって初めて!!

安くて、間取りも広いところが多いから迷っちゃうな・・

名古屋で楽しく中国語を学ぶ!【悠々茶房】

良い物件が見つかった☆

最新の関連ページ一覧

行政書士は、国家資格の一つです。行政書士の業務内容は、各省庁、都道府県、市役所、町村役場、保健所、警

行政書士は各種申請書等の作成を行います。

行政書士の業務内容は書類の作成や提出代理や相談業務などがあげられます。書類の作成とは他人の報酬を受け

行政書士の業務内容とは何か。

行政書士の業務内容の一つに、「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務というものがあります。

行政書士の業務内容について

Copyright(c) 行政書士 業務内容 . All Rights Reserved.